トイレの交換が必要な水漏れとは

トイレの交換が必要な水漏れとは 毎日使っているトイレですが、故障でトイレの交換が必要になってしまうことがあることを知っている方は少ないです。故障だから必ず直ると思っている方が多く、そう思っている方は注意が必要です。全てのケースで交換が必要なわけではありませんが、修理では直しきれない故障もあるのです。故障を放置することで水漏れに繋がる危険もあります。今回はトイレの交換が必要になってしまうケースとその原因、対応方法について紹介します。知っておくことで使い方が変わるだけでなく、気を付けなければいけない点など参考になりますし、清掃方法についても改善するポイントが分かるでしょう。

■トイレの交換が必要な故障とは

多くのトイレは陶器で出来ています。全ての製品が陶器ではありませんが、交換を頻繁に行うものではないので、長く使用できるような素材でできているのです。また、使用頻度が高く小まめに清掃する場所なので、汚れが付きにくくて、繰り返し掃除しても壊れないよう耐久性にも優れている陶器が選ばれています。
陶器で作られているため、ひび割れをしてしまうと水漏れを起こしやすくなり修理が必要となってしまいます。便器以外からの水漏れのように、簡単にひび割れを直せると思いがちですが、水を使用する場所なので一度ひび割れてしまうと交換が必要になってしまうことがあります。専門業者に修理を依頼してもこのようなケースでは交換を勧められることがほとんどです。

■ひび割れてしまう原因
ひび割れてしまう原因の一つとして挙げられるのは、便器に物を落としてしまうことです。携帯電話や、清掃道具、清掃をするために移動したタンクの蓋などが落下して壊してしまうことがあります。中にはトイレに乗って物を取ろうとしたことでひび割れてしまうこともあるようです。便器は丈夫に作られていますが、落下物の衝撃や、耐荷重を超える重さには強くありません。設定以外の衝撃が加わると、簡単に割れてしまうのです。
陶器ですが熱にも限界があります。もともと熱湯などを使用する場所ではありませんので、熱すぎるお湯を便器に入れてしまうとその熱で割れてしまうこともあります。結露予防などでお湯を使用する時はぬるま湯を使用するようにしましょう。

■ひび割れた時の対応方法

ひび割れた場所にもよりますが、便座がひび割れた時は怪我をしてしまう危険があるのですぐに業者へ連絡するようにしましょう。タンクや便器本体が割れてしまった時は、水漏れの危険があるため割れてしまった箇所よりも水位を下げて浸水を防ぐようにします。バケツや、給油用の汲み取りホースを使うと簡単に水を抜くことができます。その時に止水栓を使用してこれ以上水が入らないようにして下さい。
陶器のひび割れを直すタイル用のボンドのようなものも販売されていますが、このような製品でひび割れを直すことはできません。一時的に水漏れを防ぐことはできる場合もありますが、毎日繰り返し使用しているうちにまた水漏れを起こすようになってしまいます。中途半端に修理して使うことで、ひび割れがさらに悪化してしまうこともあるので、早めにきちんと対応することをおすすめします。

■まとめ
トイレはとても丈夫で何をしても壊れないイメージですが、落下物などで簡単に壊れてしまうことがあります。ひび割れてしまったものは修理が難しく、トイレの交換が必要になってしまうこともあるでしょう。水漏れを防ぐためには、壊さないよう正しい使い方で使用することが大切です。清掃もこすり過ぎてしまっては便器の陶器を傷つけてしまうことになり、細菌がたまりやすく臭いの元となってしまうので丁寧に行うようにしましょう。トイレの交換をせずに修理できる場合もあるので、交換と修理が両方できる業者で、リフォームなども手掛けているところだと、いろいろ相談できるので便利です。トイレを見直すいい機会になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース